初期臨床研修募集要項・FAQ

Recruitment
Guidelines

令和4年度 初期臨床研修 募集要項

応募資格

令和4年度の医師国家試験を受験し医師免許取得見込みのもの

募集人員

16名

募集手続

現在終了しております。
————————————————————–
試験申し込みフォームからエントリー (エントリーからオンライン面接選択可能)
②当院指定の履歴書・成績証明書・健康診断書及び小論文回答用紙の4点を
当院臨床研修センター宛に郵送又は持参してください
 ※履歴書はこちらから当院指定履歴書(エクセル形式)
 ※健康診断書は胸部X線、検尿、血圧が記載あるもの
③当院から試験の詳細を郵送またはメールにてご案内いたします。

選考方法

書書類審査、面接審査(対面面接またはオンライン面接)、小論文(後日問題は掲載します)

選考日

令和4年8月13日(土)、8月14日(日)どちらかを選択

申込期間

令和4年6月20日(月)~8月3日(水)必着

選考結果

マッチングシステム

研修開始予定日

令和5年4月1日

身分及び待遇

(1) 身分:研修医(常勤嘱託) ただし、国家試験不合格者は採用を取り消す
(2) 給与(月額):1年次 約420,000円、2年次 約440,000円(諸手当含む)
(3) 日当直:当直(月4~6回)、日直(月1~2回)
(4) その他:健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険など

書類送付先
および連絡先

〒454-8502 名古屋市中川区松年町4-66
名古屋掖済会病院 臨床研修センター 光田・近藤
TEL:(052)652-7711(内線5523・5925)   FAX:(052)652-7783
e-mail:rinken@ekisai.or.jp

Frequently
Asked Questions

研修プログラムについて

Qどのような症例経験の多い病院ですか?
A救急を中心とした病院なのでありとあらゆる症例を経験できます。軽症から重症患者まで、担当してもらいます。
Q手技はどのような内容をどのくらいの頻度で経験できますか?
A手技はとても多く経験できる病院だと思います。意欲次第で、研修医としては高度な手技も経験できます。ただし、事前に見学、動画等による予習は必要です。
Q「救急症例検討会」とはどのような内容の勉強会ですか?
A救急科ローテート中の研修医が、自分が経験し、教育症例だと思ったものを、救急科の上級医・指導医と相談し、プレゼンします。振り返りにもなり、力が付きます。1つの経験を皆で共有し、全体としてもレベルアップに繋がります。
Q「研修医勉強会」とはどのような内容の勉強会ですか?
A 各科の上級医・指導医が講義をしてくれます。
  4-10月までは、心電図の読み方や画像の読み方などコアな内容を、研修センターが指定して講義を行ってもらってます。
  11月からは、研修医の希望に沿ってテーマと担当医を決めて、レクチャーしてもらってます。

働く環境について

Q当直の頻度はどのくらいありますか?
A月に日直当直合わせて、5-6回くらいです。
Q当直明けも通常勤務になりますか?
A当直明けは完全フリーです。
Q職員寮はありますか?
Aあります。こちらをご参照ください。
福利厚生の紹介
Q自宅から通勤しても大丈夫ですか?
A構いません。ただし循環器科や麻酔科ローテート中は呼び出しがありますから、30分以内に来れることが条件です。
  その期間だけ寮を使うこともできます。
Q研修医局はどのような雰囲気ですか?
A研修医室も含めとても雰囲気の良い病院だと思っております。ぜひ見学に来ていただき、体現してもらいたいです。